(株)ジャストケアコミュニケーションズ 佐藤康弘 ビューティーフェスタの活用術

「店販売上倍増プログラム」&「グループコンサルティング」1DAYコース

後継者・マネジメント幹部育成研修

後継者・マネジメント幹部育成研修

日経CNBC放送「時代のニューウェーブ」2013年12月21日放送

日経CNBC放送「時代のニューウェーブ」に弊社代表社員佐藤康弘が紹介されました。

美容室「店販」の教科書(同文館出版)

おかげさまで、増刷決定!!みなさまのご支援ありがとうございます。

美容室「店販」の教科書(同文館出版)

新着情報

はじめに

美容界には「技術」の習得を目的とする技術講習、「やる気、モチベーションアップ」を目的とする精神講習、他業界の「情報」を得る異業種講習、会計士・労務士・弁護士が主催する専門講習、経営コンサルタントによるビジネス講習、メーカーが主催する「商品、技術、営業戦略」の講習などバラエティーにとんだ講習が存在します。

第三者機関が行う講習とは、「社内に無いカリキュラム」、「社内で行うよりも目的達成が期待できる」、「社内間では機能しないが他者が入ることで機能する」、「意思決定時に起きる社内の軋轢を未然に防ぐ」、「トレーニングプログラムを外部とサロンの二重構造にできる」、「マンネリ防止・マンネリの打開」、「情報収集」など、使い方によっては大きな成果が得られるものもあり、今後も活用は不可欠です。

ただ、多くの第三者機関が介入しておきながらも、経営の不安やスタッフの伸び悩みは消えることはありません。

最近の美容室を見渡してみると多くの組織が「世代間による価値観の開き」、「現代教育の弊害」、「管理職の精神的な老化」、「組織の連結不良」、「勉強不足か、何を勉強すべきかが分からない」、「スタッフの幼児化」などを理由にギクシャクした人間関係のまま苦しんでいるのを感じます。

これらは組織が何かを始めようとした場合、15年前には問題なく機能した方法が今ではまったく機能しなかったりするなどして表面に現れてきます。 しかし、このような問題でも以下を変えていくことによって大幅に改善されていきます。(お客様に対しても同様)

  1. 表現方法
  2. コミュニケーション方法
  3. アプローチ方法

このことにいち早く気がつき、新しいアプローチでのサロンフォローを開始している第三者機関が今後の美容界に貢献していくと考えられます。

JCCアカデミー主宰(佐藤康弘)は化粧品メーカーの「落ちこぼれ駄目社員」→「トップセールスマン」→「管理職」→「経営幹部」→「No.2」という進化を短期間の内に体験し、後継者候補として10年間勤め上げた後、「経営者(残念ながら起業)」となったことで全てのポストを経験したことになります。

その恩恵として優劣それぞれの立場におけるメンタリティを熟知していることが強みです。

また、当社は「物販戦術」や「言葉の開発」を目的として、試験店舗の運営のほか、エンドユーザーに対する直接販売を広範囲に展開している関係上、美容界に発信する情報や表現もお客様により近い位置からの提案になります。 お客様の視点から具体論を展開することは今後大きな価値を持つと考えています。

最後に・・・幹部スタッフは経営幹部を目指し、管理職は幹部を目指し、スタッフは今よりもお客様に愛され、会社から大切にされる存在になり、経営者は様々な人材と能力を内部留保し、会社は独立よりも大きな「夢」を育て、若手がその能力を余すことなく使い切れる組織運営ができれば、厳しいと予想される未来も心配することはありません。

本アカデミーはサロン及びスタッフが具体論に触れ、刺激を受け、決して老化すること無く成長していただけるプログラムとなっています。 平成20年〜平成29年に特化した教育カリキュラムを持つ「JCCアカデミー」を是非ともご活用下さい。

JCCアカデミー一覧

美容室「店販」の教科書(同文館出版)

美容界特化型研修のブルーウォール

美容液のお風呂

店販ベストDVD第一弾

気がつけば、みんな味方!

セミナーレポート

「店販甲子園上位入賞者インタビュー動画」

Facebook個人ページ